平成新山の調査登山を実施しました

5月 15, 2023

2023年5月15日に雲仙岳・平成新山溶岩ドームに登頂し,ドームの状況の観察や噴気温度の測定,地震観測点のデータ回収・バッテリ交換作業を実施しました.九州大学の教員学生7名のほか約70名の地元自治体や長崎県の防災担当者,マスコミ関係者等が同行し,松島教授や長崎地方気象台の担当者から,雲仙岳の火山活動の現状についての説明がなされました.
溶岩尖塔基部の噴気温度は91.2度で,前回2022年11月の調査と変化はなく,溶岩ドームの形状にも大きな変化は見られませんでした.

メディア掲載

噴火災害から30年以上がたった雲仙・普賢岳に調査登山へ | テレビ長崎
雲仙・普賢岳 防災担当者などが溶岩ドームの状況を確認 | NHK長崎放送局

90度の噴気…小規模な崩落…平成新山の防災登山に1年目の記者が同行「山は生きている」 | ニュース | NBC長崎放送

43人が犠牲となった雲仙・普賢岳の大火砕流からもうすぐ32年となるのを前に、現在…
newsdig.tbs.co.jp
90度の噴気…小規模な崩落…平成新山の防災登山に1年目の記者が同行「山は生きている」 | NBC長崎放送局

平成新山「火山活動は静穏」 九大などが防災視察登山 | 長崎新聞

九州大地震火山観測研究センター(島原市)や長崎県島原市などは15日、雲仙・普賢岳…
nordot.app

平成新山「火山活動は静穏」 九大などが防災視察登山 | 長崎新聞