2021年11月15日,平成新山で調査登山が行われました.

清水 特任教授、松島 准教授、西脇 瑞紀さん、安仁屋 智さんが取材を受けました.

長崎県 島原半島にある雲仙岳は 1990 年に噴火を開始し、特に 1991 年に発生した火砕流により甚大な被害をもたらしました。11 月 15 日に雲仙岳の最高峰である平成新山の現在の状態を調査する防災登山が行われ、大学院理学研究院附属 地震火山観測研究センターの清水 洋 特任教授と松島 健 准教授が取材を受けました。また、大学院理学府 地球惑星科学専攻 博士後期課程の西脇 瑞紀さんと修士課程の安仁屋 智さんが、研究者の育成についてコメントしました。

メディア掲載